Friday, March 31, 2006

春の陽気

気温が上がり、すっかり春らしくなりました。学生も薄着になってきました。教室の窓から見える光景はすごいです。狭い芝生にビーチ用の椅子を出して、上半身裸で日光浴をする学生、広場にある階段に座って談笑する学生、勉強する学生。冬は寒くて誰も外で時間をすごしませんが、ちょっと暖かくなると「どこにそんなに人間がいたの?」と思うくらい、キャンパスは人であふれます。建物の4階から見ると、狭い所に集まっている人間は黒っぽく見え、ゴキブリを連想させます...。私が卒業したアメリカの大学はだたっ広いキャンパスで、人間が密集するということがなかったんですよね。だから今の狭い大学の景色を見ると、余計に「うわ、ゴキブリ」と思ってしまうのかもしれません...(悪意ないです)。

2 comments:

ヒロシ said...

ゴキブリねー、ステップスに学生があふれ出すと春を感じますねー。あそこがどうしてそんなにいい場所かわからないといえばわからないけど、なんとなく青春が詰まってそうな雰囲気がありますね。

yukki said...

>ヒロシさん
青春が詰まっている...わかるなあ。楽しそうなんですよねえ。日本の大学ってキャンパスが狭くて、私は学部時代には「外にたむろする」ってことができなかったんで、ちょっと羨ましいと思います。大学院生になると青春って言葉は当てはまらないですよねえ。中にこもってたなあ。