Tuesday, March 14, 2006

税金(涙)

アメリカでは税金を申告するシーズンまっただ中。テレビでもH&R Blockなどの税金関係の会社のCMが頻繁に流れています。締め切りは4月中旬。ぎりぎりまで待つ性分ではないし、春休みに入って時間もあるということで、申告しました。

去年は学生と社会人の期間があり、また居住地が2つの州にまたがっていたので、申告方法がちょっと複雑でした。だから税理士さんにお願いして書類を作成してもらったのですが、今年はH&R Blockのオンラインサービスを使って自分でやりました。

結果...連邦政府に600ドル支払わなければいけませんでした(涙)。州のほうは4ドル返ってくるようです。大学院時代から税金を払っていますが、追加分を払ったのは今回が初めてです。毎月1000ドル近く税金を払っているのに、まだ払わなくちゃいけないなんて...(涙)。

毎年税金が返ってくると期待して面倒くさいのに税金申告していたのに〜、とアメリカ人の友人に言うと、「政府に払わなきゃいけない分を今まで貯金できてたでしょ?その利子を貯めることができたんだから、いいじゃん」と言われました。つまり私は政府に無利子でローンを受けていて、そのローンで利子を稼いでいたということ。この友人に言わせたら、税金申告してお金が返ってくるということは、貯金できたかもしれない分を政府に無利子で貸していたことになるわけだから、そんなにいいもんじゃないと。「戻ってくるお金はもともと自分のもんじゃん」。

ああ、確かにそうです。そうなんだけど...。払わなくちゃいけないっていうのはやっぱり悲しいです(T_T)。

2 comments:

ss903 said...

私は1000ドルぐらい戻ってくるので、日本行きの航空券が買えるなと思っていたのですが、たしかに、そういうふうに考えると払う方がいいですね。

yukki said...

>ss903さん
1000ドルも返ってくるんですか...。うらやましいです。その幸運(?)をしっかり楽しんでください。