Sunday, November 05, 2006

スケートと私

土曜日にセントラルパークにあるWollman Rinkへスケートをしに行きました。NYに2年ちょっと住んでいますが、実はセントラルパークの中に入ったのはこれが初めて。5時に友人と落ち合い、リンクへ。スケートをするのは十数年ぶりで、ちょっとドキドキしながらすべりだしました。思ったよりもスムーズにすべれて、「お、私っていけるやん」と思っていたのもつかの間、本日のレッスンが始まったのでした。それは「止まること」。最近アマチュアホッケーをよく見ていて、今年の2月に始めた人も上手に止まるなー(当然なんですが)、いいなーって思っていたので、私も止まれるようになりたいと思ったわけです。止まり方は片方の足をちょこっと出してスケートの刃
を倒し、氷を削るようにします。これが難しい。頭ではわかっているし、イメージトレーニングもばっちりなんですが、できません。膝はちゃんと曲がらないし、足元ばかり見てしまうし、全然上手くできない。ああ〜。最後のほうにはちょこっとできるようになったんですが、でも止まるためにすべって初めて止まれるだけ。これではだめですね。もっと練習しなければ。

さて、今日習った新しい言葉。Zamboni。アイスリンクを掃除する車です。今まで知らなかったなんて、ちょっと恥ずかしいかも...。

4 comments:

ヒロシ said...

ザンボーニって太陽サンサンのカリフォルニアで作ってるンですよね。ちょっと不思議ですね。

yukki said...

>ヒロシさん
へえ、そうなんですか。私がセントラルパークで見たのはカナダ製だったみたいですよ。メイプルリーフの絵がついていたので、いっしょに行ったカナダ人の友人は誇らしげでした。

zamboni said...

ザンボーニは発明した人の名前で、その会社も商品名もザンボーニになっていますが、会社はカリフォルニアにありようです。でもカナダ人としては自前で作らないと納得行かないので作ったんでしょうね。

yukki said...

>zamboniさん
HooverやKleenexと同じような感じなんですね。