Tuesday, April 24, 2007

1・2年生合同授業

今日仏様が学会でいないため,私が仏様の1年生のクラスを代行しました。正確には私の2年生の学生とTAさんが「代行」してくれたんですが。私の2年生の授業がたまたま同じ時間にあるので,それなら合同授業しましょうってことになり,何をすればいいのかいろいろ仏様が考えてくれて,最終的には「自由会話」と「漢字のレッスン」をすることになったのです。だから私は見ているだけ。

まず最初の40分は,1年生ー2年生,2年生ーTAさん,TAさんー1年生という組み合わせを作り,とにかく自由会話をしました。いやー,みんなしゃべる,しゃべる。話し声が途切れることはなく,ずーっとしゃべり続けているのです。2年生はもちろん1年生より話せますが,1年生も負けちゃいません。知っている日本語を総動員して,相手に関係なくとにかく話していました。みんな生き生きとしてたなあ。2年生なんか,私が相手のときより楽しそうでした。

自由会話の後は,2年生による漢字レッスンです。ちょうど今学期の始めに日本語の文字について勉強したので,漢字を中心に英語で説明してもらいました。「先生」になって自分たちが勉強したことを後輩に伝えている姿を見ていると,「ああ,2年生のみんな,成長したなあ」と思わずにはいられませんでした。もう親の心境ですよ...。私は主に非漢字圏の学習者のグループについていたんですが,1年生の「知らない漢字を見て,どうやって書き順がわかるのか?」といった私が「教えていない」ことについても,経験を生かしてしっかり答えたり,漢字がどうやって作られたのかを絵を使って説明したりしていました。漢字圏の学習者グループについていた2年生は黒板に漢字を書いて「この漢字の音読みは?訓読みは?」と,本職の先生顔負けの授業をしていました。

最後に2年生に感想を聞いたら,みんな「楽しかった」と言っていました。ブログに感想を書いてね〜とお願いしておいたので,そのうち気が向いたら書いてくれるでしょう。読むのが楽しみです。

6 comments:

ロキ said...

楽しいそうだった。。。私本当にしたいのに、チャンスがなくなってしまいました。

さま~ said...

そんな授業のやり方もあるんですね。
自分の知っていることを、他の人にわかるように説明するって、それはそれで難しいことなので、きっとどちらもたくさん学ぶことがあったと思います!

yukki said...

>ロキさん
本当に残念でした!楽しかったですよ。もしチャットクラブに来たら,1年生と話すチャンスがあります!ぜひ来てくださーい。

>さま〜さん
2年生のほうはスケジュールきつきつだったんですが,やってよかったと思います。あんなに生き生きとした学生が見られて,本当にうれしかった!さま〜さんが言うように,どちらも収穫が多い授業でした。

fu-min said...

おもしろそう!
二年生も、復習になるし
お互いにいい勉強ですよね。

先週、私の勤務校でもファイナルプロジェクトがありましたが、
本当に親の心境でした。
クラスではあまりさえないけど、
○○くん、よくがんばったなぁ、とか、
こんな一面があったんだ!とか。

普段のクラスで見ている学生の顔だけじゃなくて
ほんとはもっと、いろんな顔があるんですよね。

Kazz said...

楽しい授業だったみたいですね。やっぱり、いつもと違う人が来ると、学生の反応も全然違いますよね。
あと、上の学年に下の学年を教えさせるっていうのも、絶対に面白いと思います。来学期、日本語教授法のクラスがあるので、是非学生には1年生の会話の授業でも教えさせたいと思っています。
下の学生は、「先輩はあんなに話せるんだ」と思うだろうし、上の学生は「後輩に間違ったことは教えられないから、しっかりと準備しないと」というように、両方にいい影響がありそうだなぁと楽観的に考えてます。

yukki said...

>fu-minさん
コメント,ありがとうございます!いつもつは違うところへ行ったり,違うことをしたりすると,学生について「再発見」できますよね。なかなかそういうことをする時間がないんですけど...。

>kazzさん
学年を超えたつながりって実はあまりないんですよね。私の2年生の学生と話して「ああなりたい。がんばろう」って思ってもらえたとしたら,本当にうれしいです。2年生も楽しかったようで,ブログに感想を書いてくれました。ぜひ読んでください!