Monday, August 04, 2008

抜いた。

日本に帰ろうと思った理由の1つに「歯医者に行きたい」というのがありました。アメリカのほうが歯科技術が優れているのは百も承知ですが、いかんせん保険制度が最悪なので歯医者は高く、とてもじゃないけど行けませんでした(保険に入ってましたけどね)。

で、7月の仕事を片付けて一段落ついた7月下旬から歯医者に通い出しました。両サイドの奥の歯のかぶせがとれてしばらくたっていたのできっとひどいことになっているだろうと思っていたのですが、左側は虫歯の治療の後、もう1度かぶせれば大丈夫でした。しかーし、右下の奥の歯は救済不可能で、抜歯することに。で、今日、抜いてきました。

時間かかるかもと言われていたのに、麻酔の後、かかった時間は30秒ほど。歯医者さんに「きれいに取れましたよ」と言われ、抜いたばかりの血まみれの歯を見たら、ほんまきっれーに抜けてましたわ。昔、留学直前に抜歯したときは、虫歯の進行がすごくて、抜歯の最中に歯がぼろぼろ欠ける、麻酔しているのに痛みを感じる、という事態になり、歯医者さんに「ようここまで我慢しましたね」とあきれられたのですが、今回は虫歯はそこまで進行していなかったようです。ほっ。

でもねー、帰国前に失神寸前の「痛い」経験してるんでね...。もうあんまり怖いもんはありませーん。

2 comments:

ヒロシ said...

歯医者はねぇ、やっぱり日本のほうがなにかといいですよね。うちの奥さんは、歯を抜くのに、麻酔が効きすぎて、意識が少し朦朧となったことがあります。付き添っていたんですが、ほんとに焦りました。

yukki said...

>ヒロシさん
そういえば、アメリカでは抜歯は手術でしたよね、確か。私は麻酔を2本(2回?)打たれましたけど、終わってからフツーにバスに乗ってうちに帰りました。