Thursday, January 10, 2008

親孝行?その2

母が京都市立美術館(写真左)で開催中の日展に行きたいというので、親子3人で行ってきました。日展ってどういうものかよくわからないんですが、会員がいて出品するんでしょうかね。で、その技術(?)を競う、と。

作品は日本画、洋画から織物、書までいろいろありました。自分ではあまり気がつかなかったんですけど、私はどうやら同系色の色のグラデーションで描かれた作品が好みのようで、今回見た中で一番のお気に入りは内藤英治作「仰ぐ」(写真右)という染めの作品でした。版画みたいで素敵やな〜と思いました。帰りにこの絵はがきを買おうと思ったんですが、やはり写真では実物よりも色がにごっているというか、鮮明ではなく、結局買いませんでした。ああ、本物がほしいなあ。でも、まず飾っておけるようなステキな住まいを確保せねばなりませんな...。

目の保養のあとは、もちろん胃袋の保養です。日本語教師/ブログ仲間で元京都住民のsatoさんが学生時代に通ったというお好み焼き幸へ行きました。住宅街にある店で、教えてもらわないと行けない店です。

さて、今回のお目当てはたまごせんべい。学生に教えてもらってハマった食べ物です。satoさんにも幸のたまごせんべいがおいしいって教えてもらったので。でもせっかくなんで、もちろんお好み焼きも食べました。私が頼んだのは「ゴックス」という、5種類の具が入ったお好み焼き。辛口ソースとマヨネーズ、青のり、かつおぶしを目一杯つけて食べました。これがめっちゃうまい!たまごせんべいも自分が作ったものよりもずっとおいしかったです。この卵が半熟でつぶれた感じがよかった!
  
1日の最後においしいもんを食べて、今日もまた幸せな1日でした。あー、日本最高。

4 comments:

sato said...

あけましておめでとうございます♪

日本滞在、楽しんでいらっしゃるようですね。しかも、幸、いかはったんですね!なかなかおいしいでしょう。あぁ、羨ましい・・・。

私も負けずに家で先日お好みしました(笑)100均かどこかで買ったお好み粉で作ったのですが、普段出汁からとって、粉を冷蔵庫で寝かして、とかなり本格的にお好みを作る友人も絶賛でした。でも、やっぱりうらやましいですぅ。

エブリ said...

たまごせんべいといい、お好み焼きといい、本当においしそうです。そういうディープなお店、きっとお味はものすごくいいんでしょうね。いつかYukkiさんと京都でお会いできたら、ご一緒させていただきたいです。都内には、カープという名前の、ここは広島かというような広島色一色のお店があって、広島焼きの味が格別です。あとは好き嫌い分かれますが、下町のもんじゃ焼きも私は好きなんですが、Yukkiさんはお好きでしょうか。もしそうだったら、いつか都内でお会いできたら一緒に行きましょう!NYの焼き鳥も行きたいですし、早くどこかで一緒にご飯できる機会があるといいなぁと、楽しみにしています。

yukki said...

>satoさん
おめでとうさんどす。幸、めちゃよかったです。父がとても気に入ったらしく、「こういう店はええなあ」とゆうてました。satoさんも自宅でお好み、堪能しはったんですね。100均に粉があるんですか?そりゃ買いに行かねば!

>エブリさん
ぜひ一緒に行きましょう!私は広島焼も好きですよ〜。もんじゃは食べたことがありません。ぜひトライしたいです。連れてってくださーい。

sato said...

100均やったかなぁ。。。ちょっと記憶はアヤシイですが、でも私のことやし、きっと安物の粉を買ったと思います。安物でも結構イケることに感激です。