Wednesday, October 29, 2008

歯痛顛末

右下奥の歯の神経を4本抜いたと書きましたが、その後最悪な事態に陥りました。

今度は上が痛くなったのです。しかも
キョーレツに。寝られないほど。

歯医者さんには「神経はつながっているから、下をとったら上の痛いのもおさまのでは」と言われていたのですが、そんな簡単なことではありませんでした。

晩ご飯を食べてから痛みだしたと思ったら、もうノンストップです。表現するなら「ドクドク」「ズキズキ」という感じでしょうか。とにかく痛いのです。いろいろ試しているうちに、冷たいものを口に含んでいる時は痛みがましになることがわかり、とにかく水や氷を口に含んで痛い部分を冷やした後出すということを繰り返していました。でもね...やめると痛くなるんですよ。だから寝られない(T_T)。結局一晩中痛みと戦うハメになりました。とほほ。

翌日、心配した母とともにタクシーで歯医者にかけこみ、痛いところの神経をとってもらいました。するとどうでしょう。痛みがどこかに飛んで行ってしまいました。ほんまに「飛んで行った」という表現がぴったりです。だってまったく痛くなくなったんですもん。で、帰ってから夕べ失った睡眠を取り戻すかのように爆睡。天国でした。

苦痛約20時間、治療約15分の苦闘でした。ああ、休み中でよかった。みなさんも歯は大切に!

4 comments:

Kazz said...

私も、オレゴンへ旅行中のある朝、コーヒーを一口飲んだら前歯の激痛に襲われました、、、。
やっぱり冷やすと大丈夫でしたよ。だから、ずーっと前歯むき出し状態で呼吸してて、何ともアホ面でした。
歯は大切です!

Yuri said...

また!かわいそうに、、、。その痛みをかけつつ書き物してくれたんですね〜。ありがとうございます。。。

ざわ先生 said...

お久しぶりです〜。

歯痛っていやですよね。。私も某I州R市で歯痛が起こり、なんと歯医者に見てもらうまで1週間、Root canalするまで2週間ぐらい待たされました。毎日痛み止めを飲む日々。。治療が終わったときは本当にうれしかったです。

どうぞお大事に〜。

yukki said...

>kazzさん
うっわー、それは最悪。少なくとも私はすぐに歯医者に行ける状況だったのでよかったです。ほんま、アメリカやなくてよかった〜。

>yuriさん
幸いにして書き終わってから痛みが来ました。あの痛みの中ではぜっったいに書けません。

>ざわ先生
お久しぶりです。アメリカの病院って予約入れにくいんですか?泣きついてもだめ?うーん、やっぱり日本に帰ってきてよかった。