Tuesday, May 06, 2008

最後の日

今日は春学期最後の授業の日。そして私の現勤務校での最後の授業の日でもありました。このブログを読んでいる方のほとんどにはすでにお知らせしましたが、今学期をもって日本に帰国することになりました。次の職場は地元・京都です。現勤務校の傘下にあるプログラムで日本語を教えます。まあ、コネで仕事を見つけたと言っても過言ではないわけですが、何はともあれ地元に帰れるのはうれしいです。

最終日はいつも通り期末試験のための復習。1年生はラボでパワポを使ったJeopardy!をしました。今学期の初めにどんな活動がしたいかと聞いたらJeopardy!がしたいという意見が若干数名から出たので、それではと学生に問題を作ってもらってやりました。

グループで問題をゲームをしながら文法や語彙の復習をしていると、65分はあっという間に過ぎていきました。最後の5分になったところであいさつをし、試験についてのお知らせをした後、Bさんが「先生、私たちは先生にプレゼントがあります」と言いました。何やろ?と思っていたら、「シリアスなプレゼントです」となんとティファニーの袋をかばんの中から出したのです!袋を中をのぞくと、そこにはジュエリーボックスとカードが入っていました。ジュエリーボックスを開けると、シルバーのハート型ペンダントが入っていました。私、感動で泣いてしまいました。何も期待していなかったから、感激は百万倍。私みたいな未熟な教師に文句ひとつ言わず付き合ってくれて、しかも最後だからってみんなでお金を出し合って買ってくれたんです。あー、今思い出しても感動で涙が出てきます。最後にみんなで写真を撮ったんですが、ペンダントをつけずに撮ってしまいました。つけて撮りゃよかったと後で後悔。そこでつけたところをここで公開!...といっても首だけね。オフィスに戻ってカードを読んで、また涙です。みんなこんなにびっしりメッセージを書いてくれました。
そして夜の2年生のクラスです。本当の本当に最後のクラス。今学期最大のプロジェクトであるクリティカル・リテラシーの「教科書書きかえプロジェクト」(このブログで報告するっていって、全然してませんね(汗))の成果である書きかえたテキストを交換して読み合い、期末試験の復習をちょこっとし、Bさんのリクエストで日本の某テレビ番組を20分ほど見ました。おやつはLAのMitsuwaで買ってきた神戸凮月堂のゴーフル(これもBさんのリクエスト)。1年生のときとは違ってなんもなくさら〜っと授業終了時間を迎え、最後にみんなで写真を撮って終わりました。ま、2年生ですからね。付き合いが長いし、京都に遊びに来てくれるっていう学生もいて、夏休みに会える可能性大ですからね。

一日の締めくくりは同僚4人と酒盛り。私は最初のビールだけでしたが、みなさんN先生が学生からもらったワインを開けて飲んでました。お寿司もおつまみもあって、わいわいと2時間ほど話して、私の最後の一日は終わりました。とってもいい日でした!

10 comments:

sato said...

お疲れさまでした〜!感無量の一日やったんですね。
でもそれってyukkiさんの教師としての魅力、人間性、学生とティーチングに対する熱意と愛みたいなものがぜーんぶ合わさって学生に届いていたってことですよね。

お仕事ご一緒させてもらった事はなかったのに、yukkiさん、帰ってしまわはるのなんかむちゃ寂しいですが、でも京都で更にパワーアップして、更に磨きをかけてください!そのうち私の学生もお世話になる事があるかもしれませんし、考えてみればこれまで以上にお世話になるかもしれませんね。

これからもよろしくお願いします。そして、京都で更なるご活躍を祈っています〜!

ちぇぶ said...

おつかれさまでした!

この記事を読んで、わたしももらい泣き
しそうでした。

yukkiさんは素敵な先生で、
学生さんたちも素敵な学生さんたちですね!
そんな奇跡みたいな出会いがあって、
学びがあったこと、本当にすばらしいなと思います。

日本に帰国されるとのこと・・・
どこかでお目にかかれたらいいなと思います。

これからのよりいっそう素敵な未来とご活躍をお祈りしております!

yukki said...

>satoさん
京都、そしてブログつながりは切れませんよ〜。たとえ切りたくてもね!京都でsatoさんの学生を待ってまーす。

>ちぇぶさん
私が素敵かどうかは疑問ですが、学生が素敵なのはほんまですよ。ここには書いていないだけでいろいろありましたけど、最後にやってくれました!ネックレスとカードを見るたびに学生のことば思い出せるから、とってもうれしいプレゼントです。

ちぇぶさん、大阪ですよね?ぜひ会いましょう!

swan said...

swanです。
記事拝見しました。なんか私まで感動して
しまった・・・。
素敵な学生さんたちに恵まれたのは、やはり
素敵な先生があってこそでしょう。

日本に戻るっていうのはやっぱり「嬉しい」
のかな?いずれにしてもこれからの益々の
ご活躍を期待しています!

fu-min said...

yukkiさん、お疲れさまでした~。
そちらももう授業が終わったんですね。
学生に恵まれるっていうのは
本当にうれしいことですよね。
専攻が日本語以外の学生がほとんどのなか、
みんな一生懸命よくがんばっているし、
長い一生のうちの数年のことだけれど、
あとで少しでも、思い出してくれたらいいなと
思ったりします。

京都でも楽しい教師生活が待っていますように!
あ、私の(元)勤務校の学生が
お世話になることもあると思います。
よろしくお願いします!
私も、妹が京都がいるので
次回は京都でお会いしたいです~。

さとう said...

おつかれさまでした!この3年でyukkiさんはものすごくかわりましたよねー。その締めくくりがこの学期だったのではないでしょうか?学生を信頼して、本当に対話をしてきたからこそこういう結果が生まれたのだと思います。コミュニケーションって双方向ですからね、、、京都に行ってよろしくお願いしますね!

yukki said...

>swanさん
学生とお別れするのは悲しいですが、「遊びに来い!」て命令してます(笑)。日本に戻れるのはうれしいですよ。でも最初はアメリカ恋し...ってなるんちゃうかなあ。

>fu-minさん
ほんま、学生は一所懸命がんばってくれて、しかもプレゼントまでくれて...。私、甘やかされてますよ。fu-minさんの元勤務校の学生さんを教えるのを楽しみにしてます!

>さとうさん
そう、3年でめっちゃ変わりました。120%、さとうさんの影響ですよ。ガチガチだったのが、
すごくええ意味でゆるくなったと思います。しっかり向き合って対話すれば、学生はこたえてくれるということを学びました。ほんま、おおきに、です!

Hiro said...

おつかれさまでした。
そして、もうすぐおかえりなさい!やね。
これから学生さんたちにも新しい時間がきて、そしてyukki先生にとっても新しい時間の始まりやね。
また会えるのを楽しみにしてます。

で…、ちぇぶさんってあのちぇぶ姉さん??
ひんかっかーを目指してるちぇぶさん?
(ごめんねyukki先生、わからんこと書いて)
だとしたら、二人とも僕がよーく知ってる人たちなんで、いくらでも紹介の場をセッティングしますよ!!

yukki said...

>hiroさん
コメントおおきに〜。日本で遊んでな!
もしかしてちぇぶさんとお知り合いかも???このブログの右にあるリンクリストの「ちぇびぃ's Blog」、読んでみて。知り合いやったらびっくりやわ。

Hiro said...

どうやらちぇぶさん違いやったわ^^;
うちの大学院の同期にも、「ちぇぶ」の名前でミクシィやってる人がいて、彼女も大阪やし、こないだyukkiの話をしたら、名前を知ってる感じやったし、そうあるHNでもないから、もしかして?って思ってんけどね。
何はともあれ、帰ってきたらいろいろ遊びましょう!