Monday, July 16, 2007

一番の思い出

恒例ミニ同窓会です。メンバーは毎度おなじみGくんとMちゃん,そしてMちゃんの彼氏のSちゃん。台風4号接近で天気が悪く,車で駅まで送ってもらったのですが,車を降りて駅に向かって鞄の中を見ると財布がない!!!なんちゅー出だしですか,コレ。動揺しつつタクシーを拾い,うちに逆戻り。30分後,財布をつかんでまた駅へ向かいました。そしてなんとかみんなが待つカラオケ店に到着。私がカラオケしたいって言ったのに遅刻...。くう。

しっかし最近のカラオケはハイテクですね。昔は本のページを繰ってリモコンで曲番号を入力するしかなかったのに,今はタッチスクリーン式のリモコン(?)で入力できるんですねー。すごい。私ははっきり言って歌うよりこの機械をいじるのに熱中してしまいました。他のメンバーが歌う新しめの歌を聞きながら「へ〜,最近こんなんはやってんねやー」とか言いつつ,ずーっと曲検索していたのでした。NYのカラオケ屋にもこれ,導入されんかなー。こういうおもちゃは楽しいです。

カラオケの後は,しゃぶしゃぶ温野菜という店に行きました。ここはだしと材料を自分たちで選んで鍋が作れる店です。肉と野菜食べ放題というコースでみっちり2時間食べました。写真は私たちが作った鍋です。右が昆布だし,左が唐辛子入りのピリカラだしです。みんな年なんで健康に気を使って野菜多めにしてみました。

お腹がいっぱいになったところで,Bar Riseというオシャレなバーへ移動,おいしいお酒を片手に何を話したかってそりゃ私の人生相談です。いや,最近これからどうやって生きていこうということに悩んでいるのですよ...。学位を取ったはいいけれど,自分は教師/学者として才能が十分ないということを痛感してるんですよね。だからといって自分がやっていることは好きなんでやめる気もないんですが,さて,才能があまりない人間はどうしたらええんやろうか...と,相談半分,グチ半分の話を聞いてもらいました。

この後,終電前に帰るというMちゃんとSちゃんと別れ,Gくんを引き止め人生相談パート2へ。最終的には「6時間2,500円」というカラオケ屋で始発の時間まで過ごしました。二人が大学生だった頃の曲を検索して「懐かしいなー」って歌ったり,人生について語ったり...。老体にはちょっとツラかったですが,この夏一番の思い出になりました。付き合ってくれたGくんに感謝。人生相談パート1に付き合ってくれたMちゃん&Sちゃんにも感謝。

帰りは電車でぐっすり寝てしまい,自分が降りる駅を通過したにも気づかず,終点で駅員さんに起こされてしまった...(恥)。

2 comments:

hiroshi said...

まさに、ハイテクですね。ますます置いてかれている自分を感じます。それにしても朝までカラオケなんて自分には、もうできないと思います。若いっすねー!って別に自分もしたいわけではないんですが、いずれにしろ、オッサンになったなぁと思います。

yukki said...

>hiroshiさん
ほんまにハイテクですよ。DAMなんかはインターネットでもカラオケできますしね。

朝までカラオケで歌ってたっていうよりは,本人出演のカラオケビデオ見てたというほうが正解かも。飲み放題やし,歌い放題やし,深夜営業のカラオケは終電を逃した人にとってはいいとこですよ。