Thursday, October 04, 2007

1年生の自己紹介

今日の1年生のクラスでラボへ行き、自己紹介を録音するという作業を行いました。まず自己紹介を書き、それにクラスメートからフィードバックをもらって手直しした後、録音しました。その後、各自のブログに自己紹介をタイプしてポストしたのですが、うーん、思ったようにクラスメートからのフィードバックが推敲に生かされていないようです。時間が押していて、私がしっかりと「フィードバックを考慮に入れるように」と言わなかったからでしょうか...。それなりの自己紹介はできていたのですが、何のためにお互いにコメントし合ったのだろうかと思ってしまうような結果になってしまい、ちょっと残念です。私の力不足を感じます。

最近、よく思うんですよね、こういうこと。どこまで押して、どこで引けばいいんだろうと。もっと学生と対話しなくてはと思います。私が教師として何を望んでいるのか、もっときっちり考えて学生に伝えなくては。そして、学生にそれについてどう思うのかということを言ってもらわなければ。もっとチャンネルをオープンにしなきゃダメですね。

反省。(っていつもこればっか...)

7 comments:

sato said...

なんかむっちゃよくわかります。自分の力不足、見えてなさ、考えてなさ。。。学生とも対話してるつもりが実は全然やった、とか・・・とにかく私の場合、いつも後になって思うのが、全然考えてへんやん、ってことです(話すと長くなってしまうのですが・・・)。自分の出来てなさにほんまここのとこへこみまくってます・・・。

私も反省ばっかりですが、ちょっとづつでも前に進んでいきましょう。

yukki said...

>satoさん
完璧になれるとは思わへんのですけど、もう少し計画性を持ちたいなと。そう、後で考えたらこうすりゃよかったってこと、ばかりです。ちょっとずつでも前に進む...そうですね。で、人の100倍ぐらい長生きすれば、人並みになれるんかいな(汗)。

sato said...

yukkiさん、

100倍長生きか・・・まったく同感です。なんかいつになったら人並みになれるんやろ、ってがっくりくること多々、の毎日です。。。

Furankurin said...
This comment has been removed by the author.
Furankurin said...

In response to your message on my blog...

ニュージ-ャジーのSussex Countyから来ました。

さとう said...

そうですよね。でも考えすぎてもよくないかもしれないし,,人間って本当におもしろいなって思います。一番大切なのは正直で誠実である事なのかなって最近思います。

yukki said...

>satoさん
横にいるスーパー仏様を見ていると、きっとあと3回ぐらい人間やらないとあかんかもって思います(笑)。

>furankrinさん
コメントをどうもありがとう!サセックスカウンティーですか。うーん、どこですか?

>さとうさん
最近、「対話」について考えているんですが、正直で誠実っていうのは、対話の必須条件でしょうね。それができないから、人間は苦労しているのかな。