Thursday, June 11, 2009

きっつぅ〜

1日4時間教えるのって、キツイですねえ。しかも毎時間ほとんど違うことやってるんで、準備が多いのが大変です。でも、学生も大変な中がんばっているので、こちらもエネルギーをもらいつつ、なんとか生き延びております。

今週、アカデミックディレクターのM先生から、「yukkiクラスはいい感じになってきてるよね」と言っていただきました。学生が活発に意見を言い合う姿を見てそう言ってくださったようです。確かに、「これ、どう思う?」と意見を求める前に、いろいろ言ってくれたりします。昔、仏様が「yukkiさんが教えるクラスは動物園みたい」と言っていた(と思う)のですが、まあ、学生は教師を反映するもんなんですかね...。あ!でも、私は自分が担任しているクラスには週2日しか入っていない!じゃ、一緒にやっているI先生の影響か?!

さて、今週の授業では、日本人の現役大学生を話し合いと会話のクラスに呼びました(この「日本人聴講生」もカリキュラムの一部です)。会話の授業では、学生がロールプレイで言ったことを、さらに自然な言い回しに訂正していくのですが、聴講生が上手い表現をいろいろ言ってくれて、本当に助かりました。私が「この時はこう言います」と言うより、聴講生が「私/僕だったら、こう言う」と言うと、なんか説得力があるみたいなんですよねえ。学生は頷きながら聞いていました。

来週は3週目。プログラムの折り返し地点なんですよねえ。ああ、中間試験、作らなあかん(涙)。

3 comments:

さとう said...

夏って大変ですよね。。。10年近く連続で教えてたんですが、ここ4年ぐらい夏教えていません。なんだか懐かしいな〜。夏って大変なんですが、教師も学生もそのクラスに100パーセントってところがいいですよね。。がんばってくださ〜い!

sato said...

お疲れ様です~!yukkiさん、いつもエネルギーも情熱もいっぱいで、それが学生にもクラスにも120%通じてるんですね!ステキです。

もしもできれば、なんですが、来学期日本の大学生とオンラインチャットみたいなの、できないかなーと考えてます。やっぱり教師の私よりも同年代の教師じゃない人との会話って、ものすごーく刺激があるんでしょうねー。できるかなー、オンラインチャット。。。

yukki said...

>さとうさん
1日4時間はきついっす。週1で教えなくていい日があるんですが、会議やら準備やらでゆっくりするヒマがなーい。

>satoさん
いやいや、学生に若いパワー?をもらってますよ。

オンラインチャットですか。もちろんsynchronousのビデオですよね?時差と学年歴の問題さえクリアできれば、なんとかなるんじゃないですか。あとはパートナーに恵まれることが大切ですよね。英語と日本語半分ずつにすれば見つかるかもしれませんね。がんばってください!